CYCLIST FAN

トラックレース&競輪を中心とした自転車競技情報ブログ

2019トラック世界選手権最終日の日本勢は女子ケイリンの小林優香13位、太田りゆ16位

f:id:cyclistfan:20190323233816j:plain

女子ケイリン13位の小林優香 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323233912j:plain

16位の太田りゆ Photo:Takenori WAKO

 

2019トラック世界選手権も最終日を迎えました。

この日は男子スプリント(1/2決勝・決勝)、男子マディソン、女子ケイリン女子ポイントレースの4種目が行われ、日本からは女子ケイリンに小林優香選手と太田りゆ選手が出場しました。

 

小林選手は昨年に続いて2度目、太田選手は今回が初めての世界選手権参戦。今季は両選手ともW杯でメダルを獲得するなど大きく成長を遂げたシーズンだっただけに、この世界選にも期待が掛かりましたが、揃って1/2決勝(準決勝)を前に敗退という、かなり悔しい結果となってしまいました。

 

今大会からケイリンは勝ち上がり方式が変わり、従来の1回戦→準決勝ではなく、準決勝の前に1/4決勝が設けられ、準決勝にたどり着くまでに一つハードルが増えた形になりました。1/4決勝は勝ち上がり権利が4着と、比較的ゆるくはあるのですが、ケイリンは展開のアヤに左右されやすいだけに全くもって侮れず、やはり単純にレースが増えた分、準決勝までの道のりはこれまでよりも厳しくなったと感じます。

 

では、大会最終日の結果を現地からの写真とともに振り返ります。

 

女子ケイリン

日本からは小林優香選手と太田りゆ選手が出場。

2着上がりの1回戦は小林選手、太田選手ともに2着で1/4決勝進出を決めます。

4着上がりの1/4決勝、第2ヒートの小林選手は終始後方でのレースとなり5着。第3ヒートの太田選手は並走での番手争いから最終的に6着で、両選手ともここで敗退となりました。

優勝はリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)。ケイリンでは世界選手権初制覇となり、今大会はスプリントと併せて2冠を達成。

 

f:id:cyclistfan:20190323234240j:plain

1回戦。第3ヒートに登場の小林 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323234400j:plain

小林は3着でゴールするも、2着入線の選手が降格となり、繰り上がっての2着に Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323234715j:plain

まずは1/4決勝へ駒を進めた小林 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323234833j:plain

1回戦第5ヒートに出走の太田 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323235012j:plain

先行するステファニー・モートン(オーストラリア)をきっちりマークした太田は2着に入る Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323235209j:plain

持ち味を発揮した走りで1/4決勝進出を決め、笑顔がこぼれる Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323235551j:plain

1/4決勝。第2ヒートの小林は周回6番手からのレース Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323235654j:plain

残り1周のホーム。最後方から追い上げる展開となった小林だが、5着で敗退 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190323235944j:plain

1/4決勝第3ヒートの太田。残り1周、先行するロリーヌ・ファンリーセン(オランダ)の番手で3車並走状態に Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324000307j:plain

位置をキープし切れず、最後は6着でゴールとなった太田。日本勢2名ともここで敗退となった Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324000554j:plain

勝戦モートンの先行で残り1周へ。外からリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)が上昇 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324000802j:plain

ゴール! 決勝を制したのはリー Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324000944j:plain

ケイリンとスプリントの2冠を達成し、今大会素晴らしい結果を残したリー Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324001141j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 LEE Wai Sze(ホンコンチャイナ)

2位 Kaarle McCULLOCH (オーストラリア)

3位 Daria SHMELEVA(ロシア)

13位 小林優香(日本)

16位 太田りゆ(日本)

 

男子スプリント(1/2決勝・決勝)

前日に1/4決勝までが終了し、1/2決勝からスタート。マシュー・グレッツァー(オーストラリア)を下したJeffrey HOOGLAND(オランダ)、Mateusz RUDYKポーランド)を下したHarrie LAVREYSEN(オランダ)がそれぞれ決勝へ。

オランダ勢同士の対戦となった決勝を制したのは LAVREYSEN3-4位決定戦は地元の RUDYKがグレッツァーに勝利。

尚、日本から出場の深谷知広選手は前日の1/8決勝で、脇本雄太選手は1/16決勝で敗退しています。

 

f:id:cyclistfan:20190324001319j:plain

3-4位決定戦はマシュー・グレッツァー(オーストラリア)とMateusz RUDYK (ポーランド)の対戦に Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324001453j:plain

1本目はグレッツァーの降格で、RUDYK が勝利 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324001709j:plain

2本目も獲ったRUDYK が勝利。地元選手のメダル獲得に会場は大歓声 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324002027j:plain

オランダ勢同士の対戦となった1-2位決定戦 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324002106j:plain

f:id:cyclistfan:20190324002116j:plain

f:id:cyclistfan:20190324002248j:plain

1本目、2本目を獲ったHarrie LAVREYSEN(オランダ)が優勝 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324002318j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Harrie LAVREYSEN(オランダ)

2位 Jeffrey HOOGLAND(オランダ)

3位 Mateusz RUDYK ポーランド

16位 深谷知広(日本)

25位 脇本雄太(日本)

 

男子マディソン

18チーム出走。日本からの出場はありません。

上位3チームが3ラップを決めるなど大きく得点を積み上げていく展開に。最終的に2位に21点差をつけたドイツが、昨年に続き優勝を飾っています。

 

f:id:cyclistfan:20190324002455j:plain

2010年、2011年の世界チャンピオン、キャメロン・マイヤーとリー・ハワードのペアで臨んだオーストラリアは4位 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324002852j:plain

3位ベルギー Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324002921j:plain

2位デンマーク Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324002941j:plain

f:id:cyclistfan:20190324002954j:plain

f:id:cyclistfan:20190324003003j:plain

優勝のドイツ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324003025j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324003049j:plain

子供たちと記念撮影するロジャー・クルーゲとテオ・ラインハルト Photo:Takenori WAKO

終結

1位 ドイツ 105p

2位 デンマーク 84p

3位 ベルギー 82p

 

★女子ポイントレース

日本からの出場はありません。

上位勢は僅差の争いとなる中、最後のゴールで4点を加えたAlexandra MANLY (オーストラリア)が、1点差で逆転優勝。

 

f:id:cyclistfan:20190324003428j:plain

上位勢は接戦となった女子ポイントレース Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324003601j:plain

最後の最後で勝利を掴んだAlexandra MANLY (オーストラリア) Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190324003727j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Alexandra MANLY (オーストラリア) 29p

2位 Lydia BOYLAN アイルランド) 28p

3位 Kirsten WILD (オランダ) 26p

 

全種目のリザルトはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/2019/ctrwch/ja-jp/Default/home/

2019トラック世界選手権4日目の日本勢は男子オムニアムの橋本英也7位。男子スプリントの深谷知広16位、脇本雄太25位。女子マディソン11位

f:id:cyclistfan:20190316230600j:plain

男子オムニアム7位の橋本英也 Photo:Takenori WAKO

 

2019トラック選手権大会4日目が終了。

この日は男子スプリント(予選~1/4決勝)、男子オムニアム、女子マディソン、女子500mタイムトライアル、女子個人追抜の5種目が行われ、日本からは男子スプリント、男子オムニアム、女子マディソンに出場しました。

 

男子オムニアムの橋本英也選手は、メダルにこそ手が届かなかったものの、日本男子として世界選手権のこの種目では初のシングルリザルトを獲得。

 

男子スプリントは深谷知広選手、脇本雄太選手ともに予選で上位に食い込めず、厳しい勝ち上がりとなってしまい、残念ながら1/8決勝までで姿を消すことに。

 

女子マディソンは、日本にとって昨年が初の世界選手権出場(梶原悠未選手と橋本優弥選手のペア)で、その時は-4ラップを喫してDNFでしたが、今回はラップダウンもなく、完走を果たしています。

 

では、大会4日目の結果を現地からの写真とともに振り返ります。

 

男子オムニアム

日本からは橋本英也選手が出場。

橋本選手は1種目めのスクラッチを7位、2種目めのテンポレースはラップに成功しての2位、3種目めのエリミネーション11位と、3種目終えて暫定5位につけます。

最終種目ポイントレースでは序盤に5点を取りますが、その後はポイントに絡めず、最終的に7位でレースを終えました。

優勝はCampbell STEWART ニュージーランド)。Ethan HAYTER (イギリス)と同点での暫定2位から、ポイントレースでラップを決めるなど大きく得点を伸ばし、この種目で初の世界王者に輝いています。

 

f:id:cyclistfan:20190316231100j:plain

1種目めのスクラッチは7位でスタートを切った橋本 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316231208j:plain

2種目めのテンポレースではラップに成功し、2位  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316231303j:plain

3種目めエリミネーションは11位  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316231348j:plain

3種目終え暫定5位でポイントレースに臨む橋本 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316231541j:plain

序盤にポイントを奪うも順位をあげることはできず、最終的に7位でフィニッシュとなった  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316231755j:plain

f:id:cyclistfan:20190316231806j:plain

優勝はCampbell STEWART (ニュージーランド) Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316231901j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Campbell STEWART ニュージーランド) 137p

2位 Benjamin THOMAS(フランス) 119p

3位 Ethan HAYTER (イギリス) 118p

7位 橋本英也(日本) 91p

 

男子スプリント(予選~1/4決勝)

日本からは脇本雄太選手、深谷知広選手が出場。

上位28名が通過となる予選は、深谷選手が9秒916 21 位、脇本選手が9秒95225位となり、両選手とも1/16決勝へ進出。

1/16決勝では脇本選手は予選8位のNicholas PAULトリニダード・トバゴ)に敗れますが、深谷選手は予選12位のJair TJON EN FAスリナム)に勝利し、1/8決勝へ駒を進めます。

1/8決勝では昨年の世界チャンピオン、マシュー・グレッツァー(オーストラリア)と対戦した深谷選手ですが、勝利をあげることはできず、ここで敗退となりました。

この日は1/4決勝までが終わり、翌日の1/2決勝にはJeffrey HOOGLAND(オランダ)、Harrie LAVREYSEN(オランダ)、Mateusz RUDYKポーランド)、 グレッツァーが進出を決めています。

 

f:id:cyclistfan:20190316232047j:plain

9秒952で予選25位の脇本 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316232158j:plain

9秒916 で予選21位の深谷 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316232316j:plain

脇本は1/16決勝でNicholas PAUL(トリニダード・トバゴ)に敗れる  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316232425j:plain

深谷は1/16決勝で予選上位のJair TJON EN FA(スリナム)を破る  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316232826j:plain

1/8決勝進出を決めた深谷 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316232959j:plain

1/8決勝ではマシュー・グレッツァー(オーストラリア)と対戦  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316233116j:plain

昨年の世界チャンピオン、グレッツァーの前に敗れた深谷。日本勢はここで全員敗退となった Photo:Takenori WAKO

 

女子マディソン

18チーム出走。日本からは梶原悠未選手と古山稀絵選手が出場。

日本は得点をあげることはできませんでしたが、11位で完走を果たしています。

優勝はオーストラリアとの接戦を制したオランダ。

 

f:id:cyclistfan:20190316233446j:plain

f:id:cyclistfan:20190316233512j:plain

f:id:cyclistfan:20190316233521j:plain

梶原と古山のペアで臨んだ日本は11位 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316233712j:plain

3位デンマーク Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316233734j:plain

2位オーストラリア Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316233803j:plain

優勝のオランダ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316233821j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 オランダ 33p

2位 オーストラリア 31p

3位 デンマーク 24p

11位 日本(梶原・古山) 0p

 

★女子500mタイムトライアル

26名が出走。日本からの出場はありません。

予選1位のDaria SHMELEVA(ロシア)が決勝でも一番時計をマークし、この種目では2017年に続き2度目の世界チャンピオンに輝いています。

 

f:id:cyclistfan:20190316233945j:plain

3位 カーリー・マカラク (オーストラリア) 33秒419  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316234056j:plain

2位 Olena TARIKOVA (ウクライナ) 33秒307 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316234248j:plain

f:id:cyclistfan:20190316234259j:plain

優勝のダリア・シャメレワ(ロシア) 33秒012 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316234410j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Daria SHMELEVA(ロシア) 33.012

2位 Olena STARIKOVAウクライナ) 33.307

3位 Kaarle McCULLOCH (オーストラリア) 33.419

 

女子個人追抜

20名が出走。日本からの出場はありません。

予選1位のLisa BRENNAUER (ドイツ)が決勝では大きくタイムを落とし、予選2位のAshlee ANKUDINOFF (オーストラリア)が逆転で優勝。

3-4位決定戦は予選3位のLisa KLEIN(ドイツ)が予選4位の Kirstie JAMES ニュージーランド)に勝利。

 

f:id:cyclistfan:20190316234549j:plain

3位 Lisa KLEIN (ドイツ) 3分29秒473 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316234655j:plain

2位 Lisa BRENNAUER (ドイツ) 3分29秒243 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316234746j:plain

優勝のAshlee ANKUDINOFF (オーストラリア) 3分25秒971 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190316235401j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Ashlee ANKUDINOFF (オーストラリア) 3:25.971

2位 Lisa BRENNAUER (ドイツ) 3:29.243

3位 Lisa KLEIN (ドイツ) 3:29.473

2019トラック世界選手権3日目の日本勢は女子オムニアムで梶原悠未4位

f:id:cyclistfan:20190311011727j:plain

女子オムニアム4位の梶原悠未 Photo:Takenori WAKO

 

2019トラック選手権大会3日目が終了。

この日は男子1kmタイムトライアル、男子個人追抜、男子ポイントレース、女子スプリント(1/2決勝・決勝)、女子オムニアムの5種目が行われ、日本からは女子オムニアムに梶原悠未選手が出場しました。

 

梶原選手は最終的に3位の選手と同点ながら、ゴール着順で4位という結果になり、本当に惜しくも表彰台を逃しましたが、歴代の日本女子選手としてはこの種目での世界選手権最高位。

2017年に初めて世界選手権のオムニアムに出場したときは11位、そして昨年が8位と着実にステップアップし、今年はオリンピックのポイント獲りにも関わる大会でしたが、そんな中でメダル争いを繰り広げた梶原選手の走りは本当の意味で「世界と互角に戦える」ことを力強く示してくれました。

東京オリンピックでのメダル獲得も現実的な目標として見えていると感じます。

 

では、大会3日目の結果を現地からの写真とともに振り返ります。

 

女子オムニアム

日本からは梶原悠未選手が出場。

梶原選手は1種目めのスクラッチを6位でスタートすると、2種目めのテンポレースではラップを決め1位、3種目めのエリミネーションも7位と全て一桁の順位でまとめ、3種目終えて暫定3位につけます。

メダルの期待を背負って臨んだ最終種目のポイントレースでは、Jennifer VALENTEアメリカ)に一旦逆転され4位に落ちますが、再度逆転に成功。最終ポイント周回(ゴール)を残して暫定3位のままレースは大詰めを迎えますが、ここで暫定4位のVALENTEが集団から飛び出しを図ります。梶原選手は追わずに集団内に留まりますが、最終的にこの逃げが決まり、VALENTEと梶原選手が同点となるも、ゴール着順でVALENTEが3位に。梶原選手は惜しくも4位となり、あと一歩のところで表彰台を逃す結果となりました。

優勝は暫定2位からポイントレースで逆転したKirsten WILD(オランダ)で、2連覇を達成。

 

f:id:cyclistfan:20190311012131j:plain

1種目めのスクラッチは6位の梶原 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311012235j:plain

2種目めのテンポレースではラップを決めての1位 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311012341j:plain

会心のレースに笑顔でガッツポーズの梶原 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311012430j:plain

3種目めのエリミネーションは7位 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311012636j:plain

暫定3位で最終種目ポイントレースに挑む Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311012754j:plain

一旦は順位を落としたものの、最後のポイント周回を前に再び暫定3位に浮上した梶原 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311013141j:plain

ゴール着順で逆転され、無情にも掴みかけていたメダルが手からこぼれ落ちた Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311013629j:plain

優勝は昨年に続いてのKirsten WILD(オランダ) Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311013742j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Kirsten WILD(オランダ) 117p

2位 Letizia PATERNOSTER(イタリア) 115p

3位 Jennifer VALENTEアメリカ) 106p

4位 梶原悠未(日本) 106p

 

女子スプリント(1/2決勝・決勝)

前日に1/4決勝までが終了し、1/2決勝からスタート。Lea Sophie FRIEDRICH (ドイツ)を下したステファニー・モートン(オーストラリア)、マチルド・グロ(フランス)を下したリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)がそれぞれ決勝へ。決勝はリーがストレートでモートンに勝利し、初の世界チャンピオンに輝きました。3-4位決定戦はグロが勝利。

尚、日本から出場の小林優香選手は前日の1/16決勝で敗退しています。

 

f:id:cyclistfan:20190311013942j:plain

f:id:cyclistfan:20190311014052j:plain

3-4位決定戦はフランスの新鋭マチルド・グロが勝利 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311014114j:plain

f:id:cyclistfan:20190311014126j:plain

1-2位決定戦はリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)がステファニー・モートン(オーストラリア)を下す Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311014240j:plain

スプリントで初めて世界チャンピオンの称号を手にしたリー Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311015158j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 LEE Wai Sze(ホンコンチャイナ)

2位 Stephanie MORTON(オーストラリア

3位 Mathilde GROS(フランス)

24位 小林優香(日本)

 

★男子1kmタイムトライアル

19名が出走。日本からの出場はありません。

予選で唯一、1分を切る59秒台を出したQuentin LAFARGUE (フランス)が決勝でも1番タイムをマークし、優勝。

f:id:cyclistfan:20190311015323j:plain

3位ミカエル・ダルメイダ(フランス) 1:00.029 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311015454j:plain

2位テオ・ボス(オランダ) 1:00.388 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311015720j:plain

f:id:cyclistfan:20190311015730j:plain

優勝Quentin LAFARGUE (フランス) 1:00.029 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311015829j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Quentin LAFARGUE (フランス) 1:00.029

2位 Theo BOS(オランダ) 1:00.388

3位 Michael D'ALMEIDA(フランス) 1:00.826

 

★男子ポイントレース

日本からの出場はありません。

激しいラップ合戦となる中、3ラップに成功し、2位に28p差をつけたJan Willem van SCHIP (オランダ)が優勝。

 

f:id:cyclistfan:20190311015951j:plain

f:id:cyclistfan:20190311020003j:plain

優勝したJan Willem van SCHIP (オランダ) Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311020045j:plain

f:id:cyclistfan:20190311020054j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Jan Willem van SCHIP (オランダ) 104p

2位 Sebastian MORA VEDRI (スペイン) 76p

3位 Mark DOWNEYアイルランド) 67p

 

男子個人追抜

23名が出走。日本からの出場はありません。

予選で世界記録(4分07251)に0.2秒差まで迫るタイムをマークしたFilippo GANNA (イタリア)が、決勝を制して世界チャンピオンに。

3-4位決定戦はDavide PLEBANI(イタリア)がAlexander EVTUSHENKO (ロシア)に勝利。

 

f:id:cyclistfan:20190311020219j:plain

3位Davide PLEBANI(イタリア) 4:14.572 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311020257j:plain

2位Domenic WEINSTEIN (ドイツ) 4:12.571  Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311020330j:plain

f:id:cyclistfan:20190311020341j:plain

優勝Filippo GANNA(イタリア) 4:07.992 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190311020421j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Filippo GANNA(イタリア) 4:07.992

2位 Domenic WEINSTEIN (ドイツ) 4:12.571

3位 Davide PLEBANI(イタリア) 4:14.572

2019トラック世界選手権2日目の日本勢は男子ケイリンで新田祐大が銀メダル! 脇本雄太8位、河端朋之16位。女子スプリントの小林優香は24位

f:id:cyclistfan:20190305000732j:plain

男子ケイリン新田祐大が銀メダルに輝く  Photo:Takenori WAKO

2019トラック世界選手権大会2日目が終わりました。

この日は男子ケイリン、男子団体追抜(決勝)、男子スクラッチ、女子スプリント(予選~1/4決勝)、女子団体追抜(決勝)が行われ、日本からは男子ケイリンと女子スプリントに出場。

 

男子ケイリンでは新田選手が見事銀メダルを獲得です!

昨年の世界選手権では河端選手が日本勢として25年ぶりにケイリンで銀メダルを手にしましたが、今年は新田選手がやってくれました。

新田選手は今年1月のW杯第5戦でも銅メダルを獲っていますが、世界に大きくその存在感をアピールするシーズンになったのではと感じます。

 

では、大会2日目の結果を現地からの写真とともに振り返ります。

 

男子ケイリン

 日本からは脇本雄太選手、河端朋之選手、新田祐大選手が出場。

2着上がりとなる1回戦、脇本選手は1着、新田選手は2着となりストレートで1/4決勝進出を決めます。河端選手は5着で敗者復活戦へ回りますが、ここでは1着を取り、3選手揃って1/4決勝へ。

4着上がりの1/4決勝、第1ヒートの河端選手は4着で入線するも降格となり、ここで敗退。第2ヒートの新田選手と脇本選手はそれぞれ2着、4着で1/2決勝へ駒を進めます。

準決勝となる1/2決勝、第1ヒートの新田選手は3着で決勝進出を果たしますが、第2ヒートの脇本選手は5着で7-12位決定戦へ。

勝戦は、最終バックで先頭に出切ったマティエス・ブフリ(オランダ)をゴール前で追い込んだ新田選手でしたが、惜しくも届かず。それでも2着に入り、見事銀メダルを獲得しました。

7-12位決定戦の脇本選手は2着で最終順位を8位とし、レースを終えています。

 

f:id:cyclistfan:20190305002001j:plain

f:id:cyclistfan:20190305002033j:plain

1/2決勝第1ヒートの新田は3着で決勝戦への切符を掴む Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305002219j:plain

f:id:cyclistfan:20190305002230j:plain

1/2決勝第2ヒートの脇本は5着で決勝進出を逃す Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305003012j:plain

世界選手権では初の決勝進出となる新田 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305003234j:plain

f:id:cyclistfan:20190305003248j:plain

勝戦。先行するブフリ(オランダ)を追い込んだ新田。惜しくも届かず2着となるも、銀メダルを獲得 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305004127j:plain

ケイリンでは初の世界チャンピオンとなったブフリ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305003746j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305003827j:plain

世界選手権で初のメダルを手にした新田 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305003915j:plain

ブノワ・ヴェトゥコーチと Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Matthijs BUCHLI(オランダ

2位 新田祐大(日本)

3位 Stefan BOTTICHER(ドイツ)

8位 脇本雄太(日本)

16位 河端朋之(日本)

 

女子スプリント(予選~1/4決勝)

日本からは小林優香選手が出場。

上位28名が通過となる予選、小林選手は1118124 位となり、1/16決勝進出。1/16決勝ではナターシャ・ハンセン(ニュージーランド)と対戦しますが、勝利はあげられず、ここで敗退となりました。

1/4決勝までが終わり、翌日の1/2決勝にはステファニー・モートン(オーストラリア)、リー・ワイジー(ホンコンチャイナ)、マチルド・グロ(フランス)、Lea Sophie FRIEDRICH (ドイツ)が進出を決めています。

 

f:id:cyclistfan:20190305004434j:plain

予選は11秒181で24 位となった小林 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305004556j:plain

1/16決勝に進出するも敗退。最終的に24位でレースを終えた Photo:Takenori WAKO

 

男子団体追抜(決勝)

オーストラリアとイギリスの対戦となった1-2位決定戦は、オーストラリアが2018年に自身が出した世界記録(3分49804)を更新する3分48秒台をマークし、優勝を飾りました。

デンマークとカナダの対戦となった3-4位決定戦はカナダが勝利。

尚、日本は前日の予選で敗退となっています。

 

f:id:cyclistfan:20190305004813j:plain

決勝で敗れたイギリスは2位 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305004922j:plain

f:id:cyclistfan:20190305004953j:plain

f:id:cyclistfan:20190305005003j:plain

世界記録をマークして優勝したオーストラリア Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305005032j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305005048j:plain

金メダルに輝いたオーストラリアチーム Photo:Takenori WAKO

終結

1位 オーストラリア 3:48.012 世界新記録

2位 イギリス 3:50.810

3位 デンマーク 3:51.804

12位 日本(近谷・一丸・今村・沢田) 4:02.008

 

女子団体追抜(決勝)

オーストラリアとイギリスの対戦となった1-2位決定戦は、オーストラリアが勝利し、4年ぶりに世界チャンピオンのタイトルを手にしました。

ニュージーランドとカナダの対戦となった3-4位決定戦はニュージーランドが勝利。

尚、日本は前日の予選で敗退となっています。

 

f:id:cyclistfan:20190305005207j:plain

3位ニュージーランド Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305005243j:plain

2位イギリス Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305005305j:plain

優勝のオーストラリア Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305005327j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190305005343j:plain

男子に続き、団体追抜は女子もオーストラリアチームが金メダルを獲得 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 オーストラリア 4:14.333

2位 イギリス 4:14.537

3位 ニュージーランド 4:16.479

11位 日本(梶原・古山・中村・吉川) 4:30.768

 

男子スクラッチ

日本からの出場はありません。

最終周回で先行するRoy EEFTING(オランダ)らをとらえたサミュエル・ウェルスフォード(オーストラリア)が優勝。

 

f:id:cyclistfan:20190305005707j:plain

f:id:cyclistfan:20190305005716j:plain

持ち前のスピードを発揮したウェルスフォード(オーストラリア)が優勝 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Samuel WELSFORD (オーストラリア)

2位 Roy EEFTING(オランダ)

3位 Thomas SEXTONニュージーランド

 

2019トラック世界選手権初日の日本勢は男子チームスプリント10位、男子団体追抜12位、女子団体追抜11位

 

f:id:cyclistfan:20190302050349j:plain

2019トラック世界選手権の舞台となるポーランド・プルシュクフのバンク Photo:Takenori WAKO

2018-2019シーズンを締めくくる大一番、2019トラック世界選手権が開幕しました。もちろん来年に迫った東京オリンピックの行方を占ううえでも重要な大会。日本チームの活躍が期待されます!

 

大会初日となるこの日は、男女チームスプリント、男女団体追抜(予選・1回戦)が行われました。

日本からは男子チームスプリントと男女団体追抜に出場。

 

結果的に3種目とも予選突破を果たせず、なかでも団体追抜に関してはオリンピックに向け、男子も女子もかなり厳しい戦いが続いているといえます。

 

では、大会初日の結果を現地から届いた写真とともに振り返ります。

 

★男子チームスプリント(予選・1回戦・決勝)

16チームが出走。日本からは雨谷一樹選手、新田祐大選手、深谷知広選手が出場。

上位8チームが通過となる予選、日本は4426010位となり、1回戦進出はなりませんでした。

1-2位決定戦は予選1位のオランダと予選2位のフランスの対戦となり、世界記録に0.052秒差まで迫るタイムをマークしたオランダが2年連続で優勝。

3-4位決定戦はロシアがドイツに勝利しています。

 

f:id:cyclistfan:20190302051424j:plain

出走を待つ日本チーム Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302051607j:plain

1走雨谷、2走新田、3走深谷で臨んだ日本は44秒260で10位 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302052140j:plain

3位ロシア Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302052227j:plain

2位フランス Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302052301j:plain

優勝のオランダ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302052625j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 オランダ 41.923

2位 フランス 42.889

3位 ロシア 43.115

10位 日本(雨谷・新田・深谷) 44.260

 

★女子チームスプリント(予選・1回戦・決勝)

17チームが出走。日本からの出場はありません。

1-2位決定戦は予選1位のオーストラリアと予選2位ロシアの対戦となり、オーストラリアが世界選手権では8年ぶりとなる優勝を飾っています。

3-4位決定戦はドイツがメキシコに勝利。

 

f:id:cyclistfan:20190302052916j:plain

3位ドイツ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302053058j:plain

2位ロシア Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302053117j:plain

優勝のオーストラリア Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302053151j:plain

f:id:cyclistfan:20190302053207j:plain

8年ぶりに女子チームスプリントの世界チャンピオンに輝いたオーストラリアチーム Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302053627j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 オーストラリア 32.255

2位 ロシア 32.591

3位 ドイツ 32.789

 

★男子団体追抜(予選・1回戦)

18チームが出走。日本からは近谷涼選手、一丸尚伍選手、今村駿介選手、沢田桂太郎選手が出場。

上位8チームが通過となる予選では、日本は4分0200812位となり、1回戦進出はならず。

予選・1回戦を経て、翌日に行われる1-2位決定戦は予選1位のオーストラリアと予選2位のイギリス、3-4位決定戦は予選3位のデンマークと予選5位のカナダの対戦となっています。

 

f:id:cyclistfan:20190302053915j:plain

出走直前の日本チーム Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302053958j:plain

f:id:cyclistfan:20190302054018j:plain

4分02秒008で12位となった日本 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302054203j:plain

予選1位のオーストラリア。翌日の1-2位決定戦では宿敵イギリスと対戦 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 イタリア 3:53.478

2位 アメリカ 3:59.215

3位 オーストラリア 3:57.423

12位 日本(近谷・一丸・今村・沢田) 4:02.008

 

★女子団体追抜(予選・1回戦)

17チームが出走。日本からは梶原悠未選手、古山稀絵選手、中村妃智選手、吉川美穂選手が出場。

上位8チームが通過となる予選では、日本は4分3076811位となり、1回戦進出はなりませんでした。

予選・1回戦を経て、翌日に行われる1-2位決定戦は予選1位のオーストラリアと予選2位のイギリス、3-4位決定戦は予選3位のニュージーランドと予選5位のカナダの対戦となっています。

 

f:id:cyclistfan:20190302055123j:plain

出走前の日本チーム Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190302055158j:plain

4分30秒768で11位となった日本 Photo:Takenori WAKO

 

2019 UCIトラック世界選手権は2月27日(水)~3月3日(日)までポーランドにて開催!

 

いよいよ明日から2019年のトラック世界選手権が開幕です。

日本からの出場選手は以下の通りJCFより発表されています。

 

2018 UCIトラック世界選手権

開催場所:ポーランド・プルシュクフ

開催日程:2019年2月27日(水)~3月3日(日)

監督    ブノワ・ヴェトゥ(短距離ヘッドコーチ)

      ジェイソン・ニブレット(短距離コーチ)

      イアン・メルビン(中距離ヘッドコーチ)

カニック 森昭雄(強化支援スタッフ)

      斉藤健吾(強化支援スタッフ)

マッサー  中山真臣(強化支援スタッフ)

      木下遥(強化支援スタッフ)

ドクター  熊井司(医科学部会部会長)

スタッフ  井上純爾(強化支援スタッフ)

      レン・パーカー(強化支援スタッフ)

      田畑昭秀(情報科学スタッフ)

      ロバート・スタンレー(強化支援スタッフ)

      ジルベルト・アヴァンティーニ(強化支援スタッフ)
      グレゴリー・レンティン(強化支援スタッフ)

通訳    アリス・ボナミ(通訳)

総務    気谷淳一(事務局)

      齊藤真未(事務局)

◎出場選手

★短距離ナショナルチーム

脇本雄太JPCAJPCU福井)

河端朋之(JPCAJPCU岡山)

新田祐大JPCAJPCU福島)

深谷知広(JPCAJPCU愛知)

雨谷一樹(JPCAJPCU栃木)

小林優香(JPCAJPCU福岡)

太田りゆ(JPCAJPCU埼玉)

★中距離ナショナルチーム

近谷涼(富山・チームブリヂストンサイクリング)
一丸尚伍(大分・シマノレーシング

橋本英也(岐阜・JPCU岐阜/チームブリヂストンサイクリング)

今村駿介(福岡・中央大学/チームブリヂストンサイクリング)

沢田桂太郎(宮城・日本大学/チームブリヂストンサイクリング)

中村妃智(千葉・日本写真判定

古山稀絵(東京・日本体育大学

橋本優弥(岐阜・鹿屋体育大学

梶原悠未(茨城・筑波大学

吉川美穂(和歌山・Live GARDEN Bici Stelle

 

♦大会公式サイト

http://www.pruszkow2019.pl/en/907-2/

 

♦大会プログラム(タイムスケジュールについては直前で変わる可能性がありますのでご注意を。表記の時間は現地時間で、日本のほうが8時間進んでいます)。

https://www.uci.org/docs/default-source/2019-tissot-uci-track-world-championships/competitionschedule-pru-as-of-04.02.19.pdf?sfvrsn=4d0beb7e_6

 

♦スタートリストやリザルトは随時こちらにアップされます。

http://www.tissottiming.com/2019/ctrwch/ja-jp/Default/

 

♦エントリーリストはこちら。(2月19日時点)

◎男子

https://www.uci.org/docs/default-source/2019-tissot-uci-track-world-championships/2019-uci-track-cycling-world-championships-presented-by-tissot-entry-list-men.pdf?sfvrsn=6e7342f8_8

 

◎女子

https://www.uci.org/docs/default-source/2019-tissot-uci-track-world-championships/2019-uci-track-cycling-world-championships-presented-by-tissot-entry-list-women.pdf?sfvrsn=1a6fd954_10

 

♦テレビ放送は『SPEEDチャンネル』で生中継、録画放送ともに予定されています。

SPEEDチャンネル』HPはこちら。https://www.speedchannel.co.jp/

放送時間等はこちらで確認できます。https://www.speedchannel.co.jp/recommend/next.html

 

※今回はテレビの生中継があるため、UCIのインターネットライブ配信は日本国内では視聴できませんので、ご注意を。

 

 

2018-2019トラックW杯第6戦香港大会最終日の日本勢は女子ケイリンで太田が銀メダル獲得! 小林は12位。男子スプリントの深谷11位、新田15位、河端20位。女子オムニアムの古山22位。女子スクラッチの鈴木10位

 

f:id:cyclistfan:20190208002129j:plain

女子ケイリンで銀メダルを獲得した太田りゆ

2018-2019トラックW杯第6戦香港大会も最終日を迎えました。

この日は男子スプリント、男子マディソン、女子ケイリン、女子オムニアム、女子スクラッチが行われ、日本からは男子マディソンを除く4種目に出場。

 

最終日は女子ケイリンで太田りゆ選手が銀メダルを手にしました! 太田選手はW杯での決勝進出は今大会が初めてで、もちろんメダル獲得も初となります。

太田選手は2016年に適性で競輪学校に入学。それまで自転車経験はほぼありませんでしたが、学校でも当初から頭角を現し、その才能をブノワコーチに認められ、自転車競技を始めました。本格的に競技に取り組むようになって、実質まだ3年も経っていない太田選手ですが、W杯という大舞台で素晴らしい活躍を見せてくれました。

 

これで日本チームは男子チームスプリント銀、男子ケイリン銀、女子ケイリン銀と、3つのメダルを獲得し、今季W杯最終戦となる第6戦香港大会を締めくくっています。

 

では、大会最終日の結果を振り返ります。

 

★女子ケイリン

日本からは小林優香選手と太田りゆ選手が出場。

2着上がりの1回戦は小林選手1着、太田選手2着でともに2回戦へ進出。

両選手が同乗となった2回戦第1ヒート、残り1周半で小林選手とMadalyn GODBYアメリカ)が落車。太田選手は3着で決勝進出を果たしますが、DNFとなった小林選手は7-12位決定戦へ。

勝戦、最後尾からのレースとなった太田選手は、残り1周で捲っていったリー・ワイジー(ホンコンチャイナ)に乗って上昇。最後は大外から追い込んで2着に入り、見事銀メダルを獲得! 優勝は第5戦に続いてのリー・ワイジー

7-12位決定戦に回った小林選手は棄権となり、最終順位を12位で終えています。

 

f:id:cyclistfan:20190208002643j:plain

1回戦。第1ヒートの太田は2着で2回戦進出を決める Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208002757j:plain

第2ヒートの小林も1着で2回戦へ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208002957j:plain

2回戦。小林と太田が同乗した第1ヒート、残り1周半で小林が落車 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208003219j:plain

決勝のレースを待つ6選手

f:id:cyclistfan:20190208003250j:plain

「なにがなんでもメダルを獲る」という強い決意でレースに臨んだという太田

f:id:cyclistfan:20190208003543j:plain

勝戦周回。太田は抽選ではトップを引いたものの、その後車を下げて最後尾へ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208003816j:plain

残り1周。太田はまだ後方 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208003859j:plain

最終バックへ。大本命リー・ワイジーの後位から上がっていく太田 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208004221j:plain

最後の直線に入り、先頭に立ったリーを大外から太田が追い込む Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208004418j:plain

リーを交わすことはできなかったが、太田は2着でゴール! Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208004626j:plain

レースを終え、引き上げてきた太田の目には涙が

f:id:cyclistfan:20190208004820j:plain

ブノワコーチと喜びを分かち合う

f:id:cyclistfan:20190208005301j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208005327j:plain

銀メダルを手にした太田

 

終結

1位 LEE Wai Sze(ホンコンチャイナ)

2位 太田りゆ (日本)

3位 LEE Hoi Yan Jessica(GIANT-MAX SUCCESS SPORTS PRO CYCLING)

12位 小林優香(ドリームシーカー)

 

★男子スプリント

日本からは河端朋之選手、新田祐大選手、深谷知広選手が出場。

上位28名が通過となる予選は、深谷選手が1001310 位、新田選手が1011817位、河端選手が1014119位となり、3選手揃って1/16決勝へ。

1/16決勝では深谷選手がMaxim NALYOTOVカザフスタン)に、新田選手がRobin WAGNERチェコ)にそれぞれ勝利しますが、河端選手はJuan PERALTA GASCON (スペイン)に敗退。

続く1/8決勝は、新田選手が予選1位のNjisane PHILLIPトリニダード・トバゴ)に敗れ、深谷選手もThomas CLARKE(オーストラリア)にわずか0.001秒差で惜敗し、日本勢は全員ここで敗退に。

決勝はオーストラリア勢同士の対戦となり、優勝を手にしたのは深谷選手を破ったCLARKE

 

f:id:cyclistfan:20190208011242j:plain

予選19位の河端 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208011335j:plain

予選17位の新田 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208011536j:plain

予選10位の深谷 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208011621j:plain

f:id:cyclistfan:20190208011641j:plain

1/16決勝で敗退となった河端 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208011847j:plain

新田は1/16決勝を勝利し、1/8決勝へ駒を進める Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208011941j:plain

深谷も1/16決勝を勝利し、次の1/8決勝へ Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208012152j:plain

1/8決勝。新田は予選1位のNjisane PHILLIP(トリニダード・トバゴ)に敗退 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208012335j:plain

f:id:cyclistfan:20190208012350j:plain

深谷写真判定の末、0.001秒差でThomas CLARKE(オーストラリア)に敗れる Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208012643j:plain

f:id:cyclistfan:20190208012658j:plain

オーストラリア勢同士の対戦となった決勝を制したのはCLARKE Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208012905j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO


終結

1位 Thomas CLARKE(オーストラリア)

2位 James BRISTER (オーストラリア)

3位 XU Chao(中国)

11位 深谷知広(日本)

15位 新田祐大(日本)

20位 河端朋之(JPC

 

★女子オムニアム

日本からは古山稀絵選手が出場。

古山選手は1種目めのスクラッチ20位、2種目めのテンポレース17位、3種目めのエリミネーション23位と大きな着が続き、3種目終えて暫定22位で最終種目ポイントレースを迎えます。ポイントレースでは3点獲得しますが、順位を上げることはできず、最終順位は22位。

優勝は2位と2点差の暫定首位から、ポイントレースで21点を追加し、最終的に大きく後続を引き離した世界チャンピオンのKirsten WILD(オランダ)。

 

f:id:cyclistfan:20190208013041j:plain

第3戦ベルリン大会に続き、W杯のオムニアムには2度目の参戦となる古山。前半のスクラッチ20位、テンポレースは17位 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208013636j:plain

エリミネーションは23位と、3種目終えて暫定22位で最終種目のポイントレースへ Photo:Takenori WAKO 

f:id:cyclistfan:20190208014031j:plain

f:id:cyclistfan:20190208014045j:plain

ポイントレースを前に表情の硬かった古山だが、イアンコーチと話し、最後は笑顔でバンクへ向かう

f:id:cyclistfan:20190208014242j:plain

f:id:cyclistfan:20190208014253j:plain

なかなか得点できずにいた古山だが、終盤のポイント周回で2着に入り3点を獲得。最終的に22位でレースを終える Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208014616j:plain

f:id:cyclistfan:20190208014627j:plain

優勝は世界チャンピオンのKirsten WILD(オランダ) Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208014704j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO


終結

1位 Kirsten WILD(オランダ) 137p

2位 Laurie BERTHON(フランス) 114p

3位 Alexandra MANLY(オーストラリア) 112p

22位 古山稀絵(日本) 14p

 

★女子スクラッチ

日本からは鈴木奈央選手が出場。

集団のまま残り1周へ向かう中、鈴木選手は後方に位置。ここから捲っていきますが、最終的に10位でゴール。

優勝は第5戦に続いての連勝となったMartina FIDANZA (イタリア)。

 

f:id:cyclistfan:20190208014901j:plain

前回の第5戦ではこの種目で5位に入っている鈴木奈央が出場 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208015049j:plain

レースは集団のまま進んでいく Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208015148j:plain

残り1周。鈴木は後方の位置 Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208015304j:plain

追い上げを見せるも鈴木は最終的に10位でゴール Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208015404j:plain

優勝は第5戦に続いてのMartina FIDANZA (イタリア) Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208015534j:plain

表彰式 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 Martina FIDANZA (イタリア)

2位 Alex MARTIN-WALLACE(オーストラリア)

3位 Jolien D'HOORE(ベルギー)

10位 鈴木奈央(日本)

 

★男子マディソン

18チーム出走。日本からの出場はありません。

唯一ラップを決めたオーストラリアがトップで最終ポイント周回を迎えますが、ここで1着を取ったニュージーランドが逆転に成功、劇的な優勝を飾りました。

 

f:id:cyclistfan:20190208015643j:plain

3位フランス Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208015732j:plain

2位オーストラリア Photo:Takenori WAKO

f:id:cyclistfan:20190208015753j:plain

f:id:cyclistfan:20190208015833j:plain

優勝のニュージーランド。大逆転劇に会場も大歓声 Photo:Takenori WAKO

終結

1位 ニュージーランド 33p

2位 オーストラリア 29p

3位 フランス 21p

 

♦全種目のリザルトはこちらで確認できます。

http://www.tissottiming.com/2019/ctrwcVI/ja-jp/Default/